お仕事

知ってそうで知らない話。扶養主婦の収入限度額とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
知ってそうで知らない話。扶養主婦の収入限度額とは?

あなたは今、どの壁に直面していますか?

年末にもなれば、主婦の方々が「103万円以内に抑えなきゃ」、「130万円以上超えてしまうかもしれない」、といった声をよく耳にします。

忙しい年末に焦らないためにも、今から扶養主婦の収入限度額を理解し、快適な生活を送りましょう!

 

扶養主婦の収入限度額とは?

収入限度額

それでは扶養主婦の収入限度額を解説していきましょう!

 

そもそも扶養とは?

ある人に養ってもらっていることを言います。

つまり、主婦の方々は旦那に養ってもらっていることになります。

しかし、最近ではパートやアルバイトで働いて少しでも家計の負担を軽くしようとしている主婦も多くおられます。

そこで今、記事を見られているあなたの収入が大きく家計に関わってきます!

 

扶養控除について

納税者に扶養する方がおられる場合、一定の金額に対して所得控除が受けられます。これを扶養控除といいます。

つまり、養っている家族がたくさんいれば、お金も多く必要になるので納税額を減らしましょう、とい訳です。

 

103万円の壁

皆さんも一度は耳にしたことがある、「103万円の壁」。万が一、この壁を超えてしまうとあなた自身の所得に税金がかかってしまい手取りが少なくなってしまいます。その103万円の内訳はどうなっているのでしょうか。

内訳は「給与の総収入金額-給与所得控除=38万円以下」になります。こう言われてもどういうことか分からないですよね。

 

給与所得控除とは

給与所得控除は収入によって大きく変わってきます。総収入が180万円以内の場合、給料×40%になります。しかし、給与所得控除額が65万円に満たない場合、65万円になります。

ここに、働いて所得のある人に一律に課さられる基礎控除額の38万円が加えられます。

すなわち、『給与所得控除額(65万円)+基礎控除額(38万円)=103万円』

つまり、総収入が103万円以内だと上記の控除額と総収入が相殺されるので課税所得がかからないというわけです。

さらに、配偶者控除のボーダーラインにもなっています。このボーダーラインを超えなければ、旦那の収入から配偶者控除が一律38万円受けられますので、家計の負担はありません。

 

130万円の壁

次に現れる壁が「130万円の壁」です。この壁を超えてしまうと、扶養から外れてしまいますので、あなた自身が社会保険料等をしはらなければなりません。旦那の負担が変わらないのに。

さらに、配偶者控除のボーダーラインを超えてしまうと配偶者特別控除という控除になります。こちらは、あなた収入によって段階的に控除額が変わっていきます。

 

130万円の壁を超えてしまったら、、、

最後に141万円の壁が現れます。この壁を超えてしまうと配偶者特別控除も受けられなくなります。

受けられなくなってしまうとどれくらい家計に負担が増えるのか。

それは、大きな打撃を受けません。なぜなら、140万円の配偶者特別控除額は3万円。納める税金に換算すると、数千円程度にしか変わりません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

扶養主婦の収入限度額は『141万円の壁』が一つの目安になります!

しかし、家計の負担のことを考えると『130万円の壁』が最も重要になってくるでしょう。

女性の社会進出が重要になってきている現代で、一度しっかり働き方を考えてみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


ママの心のよりどころ”まごころ”

最新の記事